未来に対して
責任を取る政治を。

10年先、20年先の未来を見据え、エネルギーの問題や
税と社会保障の問題、安全保障の問題などに正面から取り組みます。
  1. 教育に対する公費負担を増やし、
    給付型奨学金を復活させます。
    policy_image01

    今や学生ローンと化した奨学金を給付や無利子にすることで誰でも高等教育が受けられる社会を作ります。

  2. 労働者基本法を制定します。
    policy_image02

    非正規雇用やブラック企業等の問題に対処するために、労働者のための基本法を制定します。失業保険や職業訓練についてもその中で包括的な問題解決を図ります。

  3. 表現の自由を守ります。
    policy_image03

    表現の自由を全面的に守り、とりわけ知る権利に不可欠な報道の自由や、新たなメディアであるインターネットの自由を守ります。

  4. 税制改革による格差解消を目指します。
    policy_image04

    消費税の議論だけではなく、所得税の減税等を含めた総合的な税制改革に取り組み、持続可能で公平な税制を実現します。

  5. 森林資源に代表される地域資源の
    積極的な活用を推進します。
    policy_image05

    環境問題や地産地消の観点から、日本の代表的な地域資源である森林資源やエネルギー資源を活用し、地域創生に繋げます。